· 

フライドビーツと『クレイジー・ミヤギ』

『ビーツのフライあります』

 

店先にイラスト入りで描かれたおすすめメニュー、フライドビーツに惹かれて入ったお店はハンバーガーショップ。

揚げたビーツとは斬新なアイデア!と注文すると、早速お兄さんが目の前でビーツに粉をまぶして揚げてくれました。

付け合わせのソースはアボカドクリームに。(他にサワークリーム、ごま等もあり)

目も覚めるような赤紫のビーツの色。甘く柔らかい食感に適度な塩加減。感動の美味しさでした。

 

こぢんまりとしたお店はカラフルな内装で調理器具も新しく、どうやらオープンしたてのようでした。

パテに使用するお肉は NEULAND(最良の動物飼育方法による食肉ブランド)のものという、こだわりも感じられます。

 

それにしても気になったのは『クレイジー・ミヤギ』という名の謎のメニュー。

豆腐のステーキが入ったベジタリアン・バーガーのようでしたが、なんで『ミヤギ』?

宮城県のこと?クレイジーって、ひょっとして震災と何か関係があるのかな?

等々ちょっと気になっていたところ、友人がお兄さんに質問してくれました。

 

すると、『マイスター・ミヤギのことだよ!ベスト・キッドっていう映画知ってるかい?』とお兄さん。

ああ、あの空手映画のおじさんのこと!!!

 

聞けばちょっとユニークな名前をハンバーガーにつけたくて、『クレイジー』にしたとのこと。

なるほど、なかなかクリエイティブなセンスです。

疑問に思ったことは聞いてみるもんですね。勘違いしたままになるところでしたよ。

なんとなくホッとして、スッキリした気持ちでフライドビーツをほおばることができました。

 

遊び心たっぷりのこのハンバーガーショップ。

何と言っても極めつけは店名の『シェーネバーガー Schöne Burger 』かと。

ベルリン・シェーネベルク Schöneberg 地区にある、シェーネバーガー(美味しいバーガー)・・・。

今度はぜひお腹を空かせてクレイジー・ミヤギを食べに行きたいと思います。場所はこちら

 

萬谷衣里

HOME
HOME

News

Blog Tags


Mailing List

萬谷衣里の演奏会案内・お知らせをメールで配信しています。
ご希望の方は、お名前とメールアドレスをご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です

Second CD Released!

「ドメニコ・スカルラッティ ソナタ集(萬谷衣里)」絶賛発売中!

Eri Mantani CD

CONTACT
CONTACT