· 

セービーグルル

ウィーンのへそ・シュテファン寺院(モーツァルトが結婚式をしたところ)から伸びているRotenturm Str.という通りに、ショーウィンドーから推察するに楽器屋さんとおぼしきレトロでかわいらしい、アンティーク風な(=古い)建物がありました。

 

わーい、と近寄ってみたところ、入口付近を含め、全体的にややホコリっぽい感じ。お客さんウェルカム!な営業臭がまったくしないのです。やってないのかなあ、と思いつつ、やっぱり気がひけたので一度目は退散しました。しかしながら二度目に通りかかったとき、勇気のある私は意を決して扉を開けてみました。すると、

 

入店したことを瞬時に悔いるようなすさまじい光景が。

 

煙草の匂いが染みついたそこは、グレーのカオス。

積み上げられた書類や段ボール、その中にテキトーに置かれた管楽器や弦楽器。

目を疑うとは、こういうことをいうのだとおもいました。が、

奥のテーブルにいたおじさんが立ち上がって近づいてきたので、

もはや逃げようがありません。

 

おじさん: こんにちは、なにをお探しかな?

私: あ、えーっと、オーストリアのフォークミュージックかなにかないかなーと思って・・・

 

ほとんど口から出まかせだったのですが。

案内された奥の部屋は、さらにカオティッシュでした。

でも、CDを探しているといった手前、示された棚を物色してみる私。

例にもれず、ホコリをかぶって並ぶ商品たち。

そこで私に発見されたのがこちらのCDです。

(このジャケットを読んでいただきたくて、わざわざスキャンしたのでクリックして拡大してね。)

ぜひクリックして拡大してください。
ぜひクリックして拡大してください。

見つけた瞬間、なによりも、このジャケットが欲しいと思いました。

おじさんを呼んでお伺いをたてたところ、そこで視聴させてもらうことができ、

ホコリ指数99パーセントの店内に、オーストリアのレアグルーブイが突如流れ始めました。それはこのジャケットの示す通りの、私の期待した音楽そのものだったのであります。

CDにはユーロに統一される前の価格(3ケタ)が表示されていましたが、きけば19ユーロということでしたので、迷わず購入いたしました。

ちなみにジャンルはジャズに分類される気がします。

 

そそくさと店をあとにしてしまいましたが、いま思えばおじさんともう少し話をすればよかったです。よくよく見れば、あの店内もこだわりのあるインテリアだったなあ、とも思いますし。またウィーンに行く機会があれば、必ず訪れたいところです。ちなみに場所はこの辺です。

HOME
HOME

News

Blog Tags


Mailing List

萬谷衣里の演奏会案内・お知らせをメールで配信しています。
ご希望の方は、お名前とメールアドレスをご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です

Second CD Released!

「ドメニコ・スカルラッティ ソナタ集(萬谷衣里)」絶賛発売中!

Eri Mantani CD

CONTACT
CONTACT