· 

追悼・網干毅先生

音楽評論家・網干毅先生が8月27日にお亡くなりなっていたことを、今日知りました。

まさか、まだお若い先生が旅立って行かれるなんて、誰も考えていなかったに違いありません。

 

網干先生に直接お会いし、お話しできたのはこれまでにただ一回。

2006年8月、先生が構成・監修を手掛けられていた大阪アーティスト協会の「サマーミュージックフェスティバル大阪」に出演させていただいたのが最初で最後です。

 

しかし先生は、その後2009年にも私の演奏を聴いてくださっていました。

「サマーミュージックフェスティバル大阪」と同じ会場である大阪・いずみホールでのリサイタルにお越し下さり、素晴らしい批評を書いてくださったのです。

演奏会チラシや当サイトのトップページにも掲載している「音楽の友」誌からの引用が、先生によるお言葉です。

転載させていただいても良いかどうかお尋ねしたときにも、快くオーケーしてくださったことを思い出します。

 

当時まだ学生だった私にとって、先生からのお言葉は本当に励みになりました。

独特の詩的な表現に、自分の音楽が昇華されていくような気持ちにもなり、とてもありがたかったです。

以下、改めてご紹介させていただきます。

 

Eri Mantani Piano Recital at the Izumi Hall, Osaka (2009)
Eri Mantani Piano Recital at the Izumi Hall, Osaka (2009)

 

網干毅氏による批評 〜「音楽の友」2009年4月号より

 

 密度の濃い響きのなかの瑞々しい感性と生命力。 それが萬谷衣里の魅力。それに知的な構成力が加わってきたよう。モーツァルトK310、シューベルトD784のソナタ、リストによるシューベルトの「魔王」のパラフレーズが前半。後半はブラームスの作品119、リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」、そしてバルトークのソナタ。このプログラムには、 萬谷の心境、 特にヨーロッパ体験が反映されているのだろう。

  モーツァルトでは、 第1楽章の再現部あたりから諦観が聴こえはじめ、 第3楽章も決して情念だけでつき進まない。 その流れはシューベルトに引き継がれる。 萬谷のシューベルトは苦悩も喜びも薄らと紗がかかったよう。でも紗の向こうには多彩な音。歌に満ちていたのはブラームス。人生への執着も感じられる音楽だが、 萬谷はそんな議論には賢明にして巻き込まれない。最後のバルトークはこのピアニストの天賦の資質が横溢した演奏。聴き手を広がりのある響きで、そう、包み込む。(2009年2月20日 大阪・いずみホール)

 

 

 

網干先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

萬谷衣里

HOME
HOME

News

Blog Tags


Mailing List

萬谷衣里の演奏会案内・お知らせをメールで配信しています。
ご希望の方は、お名前とメールアドレスをご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です

Second CD Released!

「ドメニコ・スカルラッティ ソナタ集(萬谷衣里)」絶賛発売中!

Eri Mantani CD

CONTACT
CONTACT